このブログの特長

◆ ミッション:実務翻訳家を目指す方のために有益な情報を提供
◆ CNET News.com より当日の最新ITニュースを採り上げ翻訳を実践学習
◆ AnswerTips の採用によりブログ中のすべての英単語はダブルクリックで説明を表示(英語)


カテゴリー


おすすめの教材・ツール

紹介記事へのリンクです。


【翻訳テクニック】
『英文翻訳術』
『英語の発想』
『技術翻訳のテクニック』
『翻訳の原点』
『コンピュータ翻訳入門』
【誤訳回避】
『誤訳の構造』
『誤訳の典型』
『越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文』
【英文読解】
『日本人の英語』
『新英文読解法』
【英文法】
『英文法解説』
『英語の感覚〈上・下〉』
『<英文法>を考える』
『わかりやすい英語冠詞講義』
【英文ライティング・和文英訳】
『The Elements of Style』
『英語ライティングルールブック―正しく伝えるための文法・語法・句読法』
『マスターしておきたい技術英語の基本』
【日本語&英語 - 作文技術】
『理科系のための英文作法』
【日本語 - 作文技術】
『よくわかる文章表現の技術〈1〉表現・表記編』
『日本語の作文技術』
『わかりやすいマニュアルを作る 文章・用字用語ハンドブック』
『理科系の作文技術』
『文章は接続詞できまる』
『悪文 第3版』
【辞書】
『ビジネス技術実用英語大辞典V5 英和編&和英編 CD-ROM版』
『Oxford Learner's Thesaurus (オックスフォード英語類語活用辞典)』
【電子辞書】
XD-GP9700(CASIO)
【ポップアップ型辞書】
キングソフト辞書(無料)
1-Click Answers (無料)
babylon
【リスニングスキル】
ESL Podcast (無料サイト)
Business English Pod (無料サイト)
BBC Learning English (無料サイト)
English, baby! (無料サイト)
【ディクテーション】
Listen and Write (無料サイト)
iKnow! (2011年4月より有料)
【発音・スピーキングスキル】
30音でマスターする英会話
『英語の話しかた』
【翻訳に役立つソフトウェア】
KWIC Finder
Googleデスクトップ (無料)
Firefox + GreaseMonkey + Lookitup2 (無料)
「Just Right!3」 + 「共同通信社記者ハンドブック 校正辞書 第10版 for Just Right!」


英語・翻訳関連リンク集

【辞書・辞典 - 英和・和英】
英辞郎(ALC)
NAVER英語辞書
【辞書・辞典 - 英英】
YourDictionary.com
Answers.com
babylon
OneLook
The Free Dictionary
Merriam-Webster
Dictionary.com
【辞書・辞典 - スラング・新語】
Urban Dictionary
Word Spy
【ビジュアル系シソーラス】
Thinkmap Visual Thesaurus
Visuword
【百科事典・用語集】
weblio
辞典横断検索 Metapedia
【翻訳例・翻訳メモリ】
怒涛の翻訳例辞書(GLOVA)
DictJuggler.net
【自動翻訳・機械翻訳】
Cross Translation
【調査】
国立国会図書館サーチ(開発版)
【スタイルガイド】
Microsoft Language Excellence Style Guides - 日本語
Sun Microsystems 日本語スタイルガイド クイックリファレンス
Sun Microsystems 日本語スタイルガイド 本編
【ベンダー・メーカー別用語集】
Microsoft ランゲージポータル
Microsoft (CSVダウンロード)
Sun Microsystems (要登録)
IBM (2008年12月で終了)
Intel
Oracle (要登録)
Cisco
Mozilla (TXTダウンロード)
日立システムズ


ブログキーワード

このブログのキーワードです。
クリックすると同じキーワードをもつブログを探すことができます。


翻訳 英語 ビジネス 学習

SEO対策ページを見る


英語ブログランキングサイト

通訳・翻訳 人気ランキング
プロの通訳者、翻訳家がつづる質の高いブログがそろっています。
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

語学・英会話ランキング
ブログ数550と圧倒的な数を誇る中、上位のブログはさすがに充実、必見です。すべての記事を読みたいくらいです。
人気ブログランキングへ

語学・英会話ランキング(FC2)
上位にはTOEIC関連、英語の勉強方法のブログが目立ちます。学習法に悩んでいる方は必見です。
FC2ブログランキングへ

英語学習ランキング
英語学習関連のブログとHPが多く揃う穴場(?)のランキングサイト。
英語学習ランキングバナー

その他のブログランキングサイト
ブログの殿堂
人気ブログランキング【ブログの殿堂】


お役立ちサイトリンク


お役立ちサイトバナー



Powered by FeedBurner


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同じキーワードのブログを見る:翻訳 英語 ビジネス 学習

英語・翻訳人気No.1ブログは?→通訳・翻訳 人気blog FC2 殿堂

先週の火曜日 (5月26日) に、東京・明治記念館にて「SDL Trados Studio 2009 紹介セミナー」が開催され、私も出席してきました。

今月、Trados の最新バージョン「SDL Trados Studio 2009」がリリースされるということで、その製品説明の場として開催されたものです。SDLの今後の方針や新 Trados の特長の説明のあと、デモも行われました。

その日の午前にフリーランス向け、午後に企業向けにセミナーが行われたようです。私は午前の部に出席しました。思ったより空席がありましたね。出席者は50人程度でしょうか。

「SDL Trados Studio 2009」が現行バージョンから大きく変わったところは、なんといっても統合環境になるということです。

現バージョンでは、翻訳メモリや用語の管理、実際の翻訳作業を別々のコンポーネントで行います。具体的にいうと、WinAlign、Multiterm、Workbench といった別々のプログラムを立ち上げる必要があります。こういったコンポーネントが統一環境となり、翻訳に関わる全体の作業効率が大幅にアップするということです。

それに伴い、翻訳時の原文・訳文の並びが上下だったのもが、左右の並びになるなど、ユーザーインターフェースも大きく進歩したように思いました。

私個人の感想としてもかなりよくなったのではないかなと思います。実際に自分で使ってみたわけではないので何とも言えませんが、少なくとも説明を聞いてデモも見た感じではすぐにでも欲しくなりました。

Trados は業界では事実上、標準の翻訳メモリツールになっていて、MicrosoftのOSと同じく独占状態にありますから、そのあたりの傲りが製品開発に出やすいとも言えます。値段も非常に高く、結構バグなんかも多いという印象です。バージョンアップも 2 年に 1 回ぐらいのペースで行われ、そのたびにアップグレードの料金を払う必要があります。それでもフリーの実務翻訳者は Trados を購入しないと仕事がないというのも事実です。やはり競合製品が登場することを望みたいですね。

私は現バージョンを持っていますが、すぐにはアップグレードせずにしばらくは世間の評判や普及具合を見て決めようかなと思っています。

「SDL Trados Studio 2009」の詳細はこちら
http://www.translationzone.com/jp/products/sdl-trados-freelance/sdl-trados-2009-studio/Default.asp

See you tomorrow!

英語・翻訳 人気 No.1ブログは? ≫≫
にほんブログ村 英語ブログへ にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

テーマ:翻訳勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術

▼▼▼
同じキーワードの記事を見る:Trados 翻訳メモリ

同じキーワードのブログを見る:翻訳 英語 ビジネス 学習

英語・翻訳人気No.1ブログは?→通訳・翻訳 人気blog FC2 殿堂

ユーザー辞書の管理

この週末に「対訳君」というソフトについて、Webサイト上で調べていました。

http://www.mcl-corp.jp/software/s_main.html

内容を見る限り、便利そうだなあ、欲しいなあとも思っています。
ただ、まだ決心がついていません。

理由のひとつは、Windows Vista に正式に対応していないのです。

動作環境の説明を読むと、
「Windows Vistaでの動作につきましては、製品版で検証を行い、特に問題なく動作することがわかっております。しかしながら、完全な動作保証をするものではございませんので予めご了承ください。」

なんて書いてあるので、ちょっと怖いなあと。。。

それにこの時期、つまり Vista がリリースされて1年半以上経っているのに、まだ正式に対応していないということは、開発体制の持続性に疑問を抱かずにはいられません。

こういうアプリはすぐに陳腐化してしまうので、開発つまりバージョンアップを続けていかないと、すぐに世の中から取り残されていきます。

買ったはいいけど、数年経ったら使えないとなると、投資が無駄です。
お金が無駄になるだけならまだしも、自分が登録したユーザー辞書が無駄になったら、それこそ翻訳業をやっていく上で致命的になりますし。

ところで、プロの翻訳者さんたちは、ユーザー辞書の管理ってどうしているのかなあ?

私は、とりあえず Excel (厳密にいうと、OpenOffice の Calc ですが)に登録しています。
検索は、Excel 上でももちろんできますし、Google デスクトップ検索にもひかかります。
ただ、他の辞書を一緒に検索できるわけではありませんので、あまり効率がいいとは言えません。

ユーザー辞書は、CD-ROM版の「英辞郎」に登録しているという翻訳者の先生、それから今回調べた「対訳君」を使っているという人は聞いたことあるのですが、ほかは聞いたことがありません。
やはりTRADOSの機能でまかなっているのでしょうか。

インターネットで「ユーザー辞書 翻訳」と調べてもほとんど使えそうな情報が見つかりません。
この分野の IT 活用はまだまだ遅れているのでしょうか。

もし、このブログを読んでいる人で、私はこうしてユーザー辞書を管理しているよ、とか、こんなソフトがあるよ、っていう人があれば、ぜひ教えてください。

See you tomorrow!

通訳・翻訳 人気 No.1ブログは? ≫≫
英語・英会話 人気 No.1ブログは? ≫≫

テーマ:翻訳勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術

▼▼▼
同じキーワードの記事を見る:ユーザー辞書 対訳君 英辞郎 翻訳者 翻訳

同じキーワードのブログを見る:翻訳 英語 ビジネス 学習

英語・翻訳人気No.1ブログは?→通訳・翻訳 人気blog FC2 殿堂


Copyright © ビジネス英語翻訳学習館 All Rights Reserved. 台湾中国語翻訳 Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。