このブログの特長

◆ ミッション:実務翻訳家を目指す方のために有益な情報を提供
◆ CNET News.com より当日の最新ITニュースを採り上げ翻訳を実践学習
◆ AnswerTips の採用によりブログ中のすべての英単語はダブルクリックで説明を表示(英語)


カテゴリー


おすすめの教材・ツール

紹介記事へのリンクです。


【翻訳テクニック】
『英文翻訳術』
『英語の発想』
『技術翻訳のテクニック』
『翻訳の原点』
『コンピュータ翻訳入門』
【誤訳回避】
『誤訳の構造』
『誤訳の典型』
『越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文』
【英文読解】
『日本人の英語』
『新英文読解法』
【英文法】
『英文法解説』
『英語の感覚〈上・下〉』
『<英文法>を考える』
『わかりやすい英語冠詞講義』
【英文ライティング・和文英訳】
『The Elements of Style』
『英語ライティングルールブック―正しく伝えるための文法・語法・句読法』
『マスターしておきたい技術英語の基本』
【日本語&英語 - 作文技術】
『理科系のための英文作法』
【日本語 - 作文技術】
『よくわかる文章表現の技術〈1〉表現・表記編』
『日本語の作文技術』
『わかりやすいマニュアルを作る 文章・用字用語ハンドブック』
『理科系の作文技術』
『文章は接続詞できまる』
『悪文 第3版』
【辞書】
『ビジネス技術実用英語大辞典V5 英和編&和英編 CD-ROM版』
『Oxford Learner's Thesaurus (オックスフォード英語類語活用辞典)』
【電子辞書】
XD-GP9700(CASIO)
【ポップアップ型辞書】
キングソフト辞書(無料)
1-Click Answers (無料)
babylon
【リスニングスキル】
ESL Podcast (無料サイト)
Business English Pod (無料サイト)
BBC Learning English (無料サイト)
English, baby! (無料サイト)
【ディクテーション】
Listen and Write (無料サイト)
iKnow! (2011年4月より有料)
【発音・スピーキングスキル】
30音でマスターする英会話
『英語の話しかた』
【翻訳に役立つソフトウェア】
KWIC Finder
Googleデスクトップ (無料)
Firefox + GreaseMonkey + Lookitup2 (無料)
「Just Right!3」 + 「共同通信社記者ハンドブック 校正辞書 第10版 for Just Right!」


英語・翻訳関連リンク集

【辞書・辞典 - 英和・和英】
英辞郎(ALC)
NAVER英語辞書
【辞書・辞典 - 英英】
YourDictionary.com
Answers.com
babylon
OneLook
The Free Dictionary
Merriam-Webster
Dictionary.com
【辞書・辞典 - スラング・新語】
Urban Dictionary
Word Spy
【ビジュアル系シソーラス】
Thinkmap Visual Thesaurus
Visuword
【百科事典・用語集】
weblio
辞典横断検索 Metapedia
【翻訳例・翻訳メモリ】
怒涛の翻訳例辞書(GLOVA)
DictJuggler.net
【自動翻訳・機械翻訳】
Cross Translation
【調査】
国立国会図書館サーチ(開発版)
【スタイルガイド】
Microsoft Language Excellence Style Guides - 日本語
Sun Microsystems 日本語スタイルガイド クイックリファレンス
Sun Microsystems 日本語スタイルガイド 本編
【ベンダー・メーカー別用語集】
Microsoft ランゲージポータル
Microsoft (CSVダウンロード)
Sun Microsystems (要登録)
IBM (2008年12月で終了)
Intel
Oracle (要登録)
Cisco
Mozilla (TXTダウンロード)
日立システムズ


ブログキーワード

このブログのキーワードです。
クリックすると同じキーワードをもつブログを探すことができます。


翻訳 英語 ビジネス 学習

SEO対策ページを見る


英語ブログランキングサイト

通訳・翻訳 人気ランキング
プロの通訳者、翻訳家がつづる質の高いブログがそろっています。
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

語学・英会話ランキング
ブログ数550と圧倒的な数を誇る中、上位のブログはさすがに充実、必見です。すべての記事を読みたいくらいです。
人気ブログランキングへ

語学・英会話ランキング(FC2)
上位にはTOEIC関連、英語の勉強方法のブログが目立ちます。学習法に悩んでいる方は必見です。
FC2ブログランキングへ

英語学習ランキング
英語学習関連のブログとHPが多く揃う穴場(?)のランキングサイト。
英語学習ランキングバナー

その他のブログランキングサイト
ブログの殿堂
人気ブログランキング【ブログの殿堂】


お役立ちサイトリンク


お役立ちサイトバナー



Powered by FeedBurner


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同じキーワードのブログを見る:翻訳 英語 ビジネス 学習

英語・翻訳人気No.1ブログは?→通訳・翻訳 人気blog FC2 殿堂

ショッキングなニュースが飛び込んできました。
セイコーインスツルが来年3月をもって電子辞書ビジネスから撤退するそうです。

http://www.sii.co.jp/jp/news/2014/10/07/11409/

スマホやタブレットの普及によって需要が落ち込んだのが原因のようです。

セイコーインスツルといえば、個性的なプロフェッショナルモデルの製品ラインアップを揃えていて、すごく好感を持っていたんですが。
私は、現在CASIOを使用していますが、次に買うのであれば、セイコーインスツルにしようかなと思っていたので、非常に残念です。

不安なのは、カシオやシャープといったメーカーが追随するのではないかということです。
一般普及モデルのレベルであれば、スマホで代替できるとは思いますが、プロフェッショナルモデルはそうはいかないですからね。

世の中から電子辞書が消えるのは避けてほしいところです。

それでは、また!

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ にほんブログ村 英語ブログへ

スポンサーサイト

同じキーワードのブログを見る:翻訳 英語 ビジネス 学習

英語・翻訳人気No.1ブログは?→通訳・翻訳 人気blog FC2 殿堂

セイコーインスツルが電子辞書の新機種「SR-S9003」を発売するというニュースがはいってきました。
発売日は1月22日だそうです。

日経プレスリリース
「セイコーインスツル、PASORAMA搭載の電子辞書「SR-S9003」を発売」

セイコーインスツル「SR-S9003」のホームページはこちら
http://www.sii.co.jp/cp/products/english/srs9003/index.html

収録コンテンツはこちら
http://www.sii.co.jp/cp/products/english/srs9003/dictionary.html

それにしても最近の電子辞書は収録コンテンツがすごいですね。

この電子辞書の売りでもある「ロングマン現代英英辞」、「コウビルド新英英辞典」、「オックスフォード現代英英辞典」の3つの学習英英辞典を収録しているのもすごいですが、「新英和大辞典」、「リーダーズ英和辞典」、「リーダーズ・プラス」、「英和活用大辞典」、「ランダムハウス英和大辞典」、「新和英大辞典」の6つの大辞典も同時に収録しているというのも感動ものです。

私の好きな「ジーニアス英和大辞典」がはいっていないのは残念ですが、翻訳者の使用レベルに十分耐えられる内容です。

電子辞書の購入を検討している方、選択肢のひとつに加えてみてはいかがでしょうか。
でも高いんだろうな。。。実勢価格で5万円は超えるような気が。。。

See you!

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ にほんブログ村 英語ブログへ

テーマ:翻訳勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術

▼▼▼
同じキーワードの記事を見る:翻訳 電子辞書

同じキーワードのブログを見る:翻訳 英語 ビジネス 学習

英語・翻訳人気No.1ブログは?→通訳・翻訳 人気blog FC2 殿堂

電子辞書の悩み

カシオの電子辞書のラインナップが来年 1 月 15 日に一新されます。

一番の売りはカラーになるということです。

最上位機種であるプロフェッショナルモデル「XD-A10000」のコンテンツを少しチェックしてみましたが、なんか、てんこ盛りって感じですね。
いろいろな学習コンテンツやら文学作品やらで。

コンテンツの数だけで言えば、ライバルであるセイコーインスツル (SII) の最上位機種を超えていると思います。

しかし、自分から見れば、必要ないコンテンツばかり増えていって、質の高いビジネス系のコンテンツを含んでいないような気がします。
プロフェッショナルモデルやビジネスモデルになぜ学習コンテンツや文学作品が必要なのでしょうか?
ちょっと方向性が違うような気がします。

コンテンツの収録数は少ないですが、SII の電子辞書の方が辞書の質が高いように思うし、機種ごとのユーザー層のターゲティングがきちんと出来ているように思えます。

電子辞書の欠点は、若干の後付も可能ですが、基本的には自分の欲しい辞書が選択できないということですね。
自分なんかは、ビジネス系と技術系の両方とも充実した辞書が欲しいのですが、今のところありません。欲しい辞書を揃えようとすると複数台購入しなければならなりせん。そうすると重なる辞書がでてきて無駄になってしまいます。

自分の欲しい辞書だけを搭載できるオーダーメイド版電子辞書ができたらいいなあと思うのですが。
SSI さん、カシオさん、考えてくれないかなあ。。。

CD-ROM で揃えていけば、そういう悩みも解消するのでしょうが、コストがハンパなく高くつくからなあ。
でも長い目でみたら、そのほうが正解なんだろうな、と思っている今日この頃です。

See you!

---
参考サイト:
PC Watch 「カシオ、電子辞書主要モデルにカラー液晶を一挙搭載」
CASIO ホームページ「2010年モデルのここがポイント!」

にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ にほんブログ村 英語ブログへ

テーマ:翻訳勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術

▼▼▼
同じキーワードの記事を見る:電子辞書

同じキーワードのブログを見る:翻訳 英語 ビジネス 学習

英語・翻訳人気No.1ブログは?→通訳・翻訳 人気blog FC2 殿堂

SII SR-G9001 電子辞書に革命か

セイコーインスツル SII が新型の電子辞書SR-G9001」を 11 月 30 日から販売すると発表しました。

この内容を読んで少し驚きました。
SR-G9001」は、「PASORAMA(パソラマ)」という機能を搭載しており、PC 上で検索を行うことができるのです。

PC とは USB を通して接続し、電子辞書のセールスポイントでもある串刺し検索を PC 上からもできるのです。
ですから当然、PC 上で編集している WORD 文書などに、電子辞書内のコンテンツの文字列をコピー&ペーストするといった技も使えるんです。

これって、かなり画期的だと思います。思わず素晴らしい!と叫んでしまいました。

私は常々、Web 上の辞書、PC のハードディスクにコピーした CD-ROM 版辞書、そして携帯型電子辞書、これらがシームレスに串刺し検索できればいいと思っていました。

今回の機能は「SR-G9001」のコンテンツが PC で検索できるというだけなので、PC 上の辞書と一緒に串刺し検索できるわけではないのですが、理想への入り口にはなると思います。

でも、私の思っていることって技術的には簡単だと思うのですが、ほかに問題があるのかなあ。著作権の問題とか。いずれにせよ、なんとかこのアイデアを実現して欲しいものです。

SR-G9001」の収録コンテンツは、従来のプロフェッショナルモデル「SR-G10000」や「SR-G9000」と比べると英語系の辞書が貧弱だと思います。特に英英辞書は「オックスフォード現代英英辞典」のひとつしか収録していません。
私はカシオの「XD-GW9600」ユーザーですが、その後継機「XD-GP9700」と比べても、かなり劣りますね。
これでは翻訳者向きとは言えません。どちらかというと、ビジネスパーソン向きの辞書だと言えるでしょう。

まあ何はともあれ、後継機に期待したいものです。ぜひともPC辞書との融合を進めてほしいものです。
最後にエールを。SII 、頑張れ!

See you tomorrow!

--------
参考サイト
--------
* CNET Japan
「SII、PCとつながる電子辞書SR-G9001」発売へー--コピー&ペーストで引用もラクに」
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20383958,00.htm
* セイコーインスツル SII ホームページ 製品情報 英語モデル
http://www.sii.co.jp/cp/products/english/index.html

--------------------
Amazon.co.jp 製品サイト
--------------------
* セイコーインスツル IC DICTIONARY PASORAMA パソラマ SR-G9001 電子辞書 ユーザーカスタマイズ機能搭載 音声対応モデル
* SEIKO IC DICTIONARY 電子辞書 SR-G9000 (英語本格モデル 34コンテンツ収録 音声対応 高精細VGA液晶搭載)
* SEIKO IC DICTIONARY 電子辞書 SR-G10000 (英語上級/音声対応/高精細VGA液晶搭載)
* CASIO Ex-word 電子辞書 XD-GP9700 英語大画面液晶モデル メインパネル+手書きパネル搭載 ネイティブ+TTS音声対応
* CASIO Ex-word (エクスワード) 電子辞書 XD-GW9600 日中韓対応手書きパネル搭載 音声対応 40コンテンツ収録 英語上位モデル

---------------
本ブログ関連記事
---------------
* カシオ電子辞書新モデル XD-GP9700 の実力はいかに?
http://biztranslator.blog108.fc2.com/blog-entry-170.html
* 電子辞書の話
http://biztranslator.blog108.fc2.com/blog-entry-38.html

通訳・翻訳 人気 No.1ブログは? ≫≫

テーマ:翻訳勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術

▼▼▼
同じキーワードの記事を見る:SR-G9001 電子辞書 串刺し検索 翻訳者 SR-G9000 SR-G10000 XD-GP9700 XD-GW9600

同じキーワードのブログを見る:翻訳 英語 ビジネス 学習

英語・翻訳人気No.1ブログは?→通訳・翻訳 人気blog FC2 殿堂

以前このブログで「電子辞書の話」(こちら)ということで、英語プロフェッショナルモデルの電子辞書 XD-GW9600(カシオ)を紹介しました。

その英語プロフェッショナルモデルの後継機 XD-GP9700 が、2月15日に発売されると発表されました。カシオの他のモデルもほぼ同時期に一新されるということです。

今回の改良点の目玉はなんといっても、メインパネルもタッチパネルになったという「ツインタッチパネル」でしょう。

これにより操作性はかなり向上するかもしれません。用例を見たり、他の単語にジャンプするときに、カーソルキーを何回も押す必要があったのが、ワンタッチでできるようになります。この機能アップはかなり大きいですね。

収録辞書コンテンツの充実度はどう変わったのでしょうか。
XD-GW9600に比べて、辞書コンテンツがどれだけ追加されたかチェックしてみました。
英語系でいえば、「オックスフォード英英活用辞典」と「プログレッシブ和英中辞典」が追加されました。これでオックスフォードは6種類の辞書を収録していることになります。(^^)
一方、国語系は変わらずで、その他のコンテンツでは「数え方の辞典」とか、どうでもいい「ワインコンパニオン」や「脳鍛アプリ」など、いくつか追加になっているようです。

うーん、私としては、科学系や法律系の英和辞書をもっと充実して欲しいんだけどなあ…。

旧モデルの XD-GW9600 を買ってまだ10か月ぐらいしか経っていないので、どちらにしろ買い替える気はないのですが、ちょっとコンテンツの進化する方向が期待と違っているのが残念でした。

それでも、英語を仕事で使うような人、これから英語を深く勉強していく人にとっては、この英語プロフェッショナルモデル XD-GP9700 が選択肢の有力候補になることは間違いないでしょう。もし他メーカーの機種と比較検討するとすれば、SII の 英語モデル SR-G9000 か SR-G10000 あたりが有力でしょうか。

電子辞書もこれからますます進化していくでしょう。翻訳者のツールのひとつとして注目していきたいですね。

CASIO Ex-word 電子辞書 XD-GP9700 英語大画面液晶モデル メインパネル+手書きパネル搭載 ネイティブ+TTS音声対応
Amazon.co.jpでチェック

---
◆ 本ブログ関連記事 「電子辞書の話」
http://biztranslator.blog108.fc2.com/blog-entry-38.html
◆ CASIO XD-GP9700 ホームページ
http://casio.jp/exword/products/XD-GP9700/
---

人気ブログランキングへブログ継続へ励ましの一票を。m(_)m

See you tomorrow!

英語・英会話 人気 No.1ブログは? ≫≫

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

▼▼▼
同じキーワードの記事を見る:電子辞書 XD-GP9700 英語 翻訳者

同じキーワードのブログを見る:翻訳 英語 ビジネス 学習

英語・翻訳人気No.1ブログは?→通訳・翻訳 人気blog FC2 殿堂


Copyright © ビジネス英語翻訳学習館 All Rights Reserved. 台湾中国語翻訳 Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。