このブログの特長

◆ ミッション:実務翻訳家を目指す方のために有益な情報を提供
◆ CNET News.com より当日の最新ITニュースを採り上げ翻訳を実践学習
◆ AnswerTips の採用によりブログ中のすべての英単語はダブルクリックで説明を表示(英語)


カテゴリー


おすすめの教材・ツール

紹介記事へのリンクです。


【翻訳テクニック】
『英文翻訳術』
『英語の発想』
『技術翻訳のテクニック』
『翻訳の原点』
『コンピュータ翻訳入門』
【誤訳回避】
『誤訳の構造』
『誤訳の典型』
『越前敏弥の日本人なら必ず誤訳する英文』
【英文読解】
『日本人の英語』
『新英文読解法』
【英文法】
『英文法解説』
『英語の感覚〈上・下〉』
『<英文法>を考える』
『わかりやすい英語冠詞講義』
【英文ライティング・和文英訳】
『The Elements of Style』
『英語ライティングルールブック―正しく伝えるための文法・語法・句読法』
『マスターしておきたい技術英語の基本』
【日本語&英語 - 作文技術】
『理科系のための英文作法』
【日本語 - 作文技術】
『よくわかる文章表現の技術〈1〉表現・表記編』
『日本語の作文技術』
『わかりやすいマニュアルを作る 文章・用字用語ハンドブック』
『理科系の作文技術』
『文章は接続詞できまる』
『悪文 第3版』
【辞書】
『ビジネス技術実用英語大辞典V5 英和編&和英編 CD-ROM版』
『Oxford Learner's Thesaurus (オックスフォード英語類語活用辞典)』
【電子辞書】
XD-GP9700(CASIO)
【ポップアップ型辞書】
キングソフト辞書(無料)
1-Click Answers (無料)
babylon
【リスニングスキル】
ESL Podcast (無料サイト)
Business English Pod (無料サイト)
BBC Learning English (無料サイト)
English, baby! (無料サイト)
【ディクテーション】
Listen and Write (無料サイト)
iKnow! (2011年4月より有料)
【発音・スピーキングスキル】
30音でマスターする英会話
『英語の話しかた』
【翻訳に役立つソフトウェア】
KWIC Finder
Googleデスクトップ (無料)
Firefox + GreaseMonkey + Lookitup2 (無料)
「Just Right!3」 + 「共同通信社記者ハンドブック 校正辞書 第10版 for Just Right!」


英語・翻訳関連リンク集

【辞書・辞典 - 英和・和英】
英辞郎(ALC)
NAVER英語辞書
【辞書・辞典 - 英英】
YourDictionary.com
Answers.com
babylon
OneLook
The Free Dictionary
Merriam-Webster
Dictionary.com
【辞書・辞典 - スラング・新語】
Urban Dictionary
Word Spy
【ビジュアル系シソーラス】
Thinkmap Visual Thesaurus
Visuword
【百科事典・用語集】
weblio
辞典横断検索 Metapedia
【翻訳例・翻訳メモリ】
怒涛の翻訳例辞書(GLOVA)
DictJuggler.net
【自動翻訳・機械翻訳】
Cross Translation
【調査】
国立国会図書館サーチ(開発版)
【スタイルガイド】
Microsoft Language Excellence Style Guides - 日本語
Sun Microsystems 日本語スタイルガイド クイックリファレンス
Sun Microsystems 日本語スタイルガイド 本編
【ベンダー・メーカー別用語集】
Microsoft ランゲージポータル
Microsoft (CSVダウンロード)
Sun Microsystems (要登録)
IBM (2008年12月で終了)
Intel
Oracle (要登録)
Cisco
Mozilla (TXTダウンロード)
日立システムズ


ブログキーワード

このブログのキーワードです。
クリックすると同じキーワードをもつブログを探すことができます。


翻訳 英語 ビジネス 学習

SEO対策ページを見る


英語ブログランキングサイト

通訳・翻訳 人気ランキング
プロの通訳者、翻訳家がつづる質の高いブログがそろっています。
にほんブログ村 英語ブログ 通訳・翻訳へ

語学・英会話ランキング
ブログ数550と圧倒的な数を誇る中、上位のブログはさすがに充実、必見です。すべての記事を読みたいくらいです。
人気ブログランキングへ

語学・英会話ランキング(FC2)
上位にはTOEIC関連、英語の勉強方法のブログが目立ちます。学習法に悩んでいる方は必見です。
FC2ブログランキングへ

英語学習ランキング
英語学習関連のブログとHPが多く揃う穴場(?)のランキングサイト。
英語学習ランキングバナー

その他のブログランキングサイト
ブログの殿堂
人気ブログランキング【ブログの殿堂】


お役立ちサイトリンク


お役立ちサイトバナー



Powered by FeedBurner


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同じキーワードのブログを見る:翻訳 英語 ビジネス 学習

英語・翻訳人気No.1ブログは?→通訳・翻訳 人気blog FC2 殿堂

本日は、バブル形式(ポップアップ表示のようなもの)の英英辞書のサービスを提供する Answers.com を紹介しようと思います。

Answers.com
のサービスを利用すると、次のようなことができます。

(1)あなたのブログやホームページ中の英単語を閲覧者がダブルクリックすると、その単語の意味をバブル形式で表示してくれます。(試しにこのブログ中の英単語をどれでもよいのでダブルクリックしてみてください。※1)
(2)あなたのパソコンのどんなアプリケーション内でも、英単語をダブルクリックすると、その単語の意味をバブル形式で表示してくれます。

(1)は閲覧者のためのサービス向上、(2)はあなたのためのパソコン機能向上、ということになります。

(1)を実現するためには、AnswerTips のサイトで登録して与えられたHTMLコードをあなたのサイトに貼り付けるだけです。登録は無料です。手順は以下のようになります。

1. http://www.answers.com/main/answertips.jsp へ行きます。
2. 好きなアイコンを選びます。
3. 名前、メールアドレス、あなたのサイトのURLを登録します。
4. 与えられた HTMLコードをコピーしてあなたのサイトのHTMLに貼り付ける。

以上です。

次に、(2)を実現するためには、Answers.com が提供している 1-Click Answers という無料ソフトをあなたのパソコンにインストールします。

http://www.answers.com/main/download_answers_win.jsp のサイトに行って、無料ソフトをダウンロードし、インストラクションに従いインストールしてください。

これで、あなたのブラウザ、メールソフト、Word、Excelなどのオフィス文書、その他アプリケーション何でも画面上にある英単語であれば、「ALT+クリック(※2)」することでバブル形式で意味を表示してくれます。
いちいち紙の辞書電子辞書を引いたり、辞書サイトにいって調べる手間が省けるというわけです。

Answers.com英英辞書なので当然のことながらある程度の英語力が必要です。英和辞書タイプで同じようなことができればいいなあとも思います。例えば、英辞郎Answers.comの組み合わせだと最高ですけどね。誰か実現してくれないかなあ…

でも、英英辞書に慣れるという意味では、Answers.comは良いと思います。

ちなみに、私が Answers.com を知ったのは、Japan Times(※3)のサイトでした。記事を読むのに非常に便利です。

See you Tomorrow.

※1 一部のブラウザでは動作しないことがあります。
※2 起動キーはカスタマイズ可能です。
※3 個別記事のページで AnswerTips が動作します。ホームページでは動作しません。
関連記事

テーマ:英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

▼▼▼
同じキーワードの記事を見る:英英辞書 英和辞書 電子辞書 辞書 英単語 英語

同じキーワードのブログを見る:翻訳 英語 ビジネス 学習

英語・翻訳人気No.1ブログは?→通訳・翻訳 人気blog FC2 殿堂

コメント

さっそく使ってみました

これはおもしろいですね。よい情報をありがとうございました。
ところで、英辞郎を使ったマウスオーバー検索なら Firefox のアドオンでできますよ。Googleドキュメントを利用すればオフィス文書にも使えると思います。参考記事の URI を入れておきます。

ありがとうございます。

たんご屋さん
はじめまして。コメントありがとうございます。お役に立てて何よりです。
英辞郎のマウスオーバー機能ですが、実はこの情報は知っていました。ただ、CD-ROM版を購入しなければならないことと、確か例辞郎の部分が表示されなかったように読み取れたため躊躇しています。
CD-ROMはそんなに高額ではないと思うのですが、無料Web版があると思うとなんか損する気分になってしまって…。
無料で英辞郎Web版と連携してマウスオーバー表示ができるような機能があればいいなあと思っている次第です。そうすれば更新のたびにCD-ROMを購入しなくても済みますので。
自分でも、かなり我が儘なことであるのは承知しています。

なるほど

そうでしたか。失礼しました。
たしかに、オンラインが無料で使えるのに CD-ROM を購入するのはバカらしいですよね。オンラインのほうが使いやすいというひともいらっしゃるようですし。わたしの場合は他の辞書との串刺しで検索したいので買っているのですが、知り合いも「なんで CD-ROM なんか買うの?」とふしぎがっていました。
オンラインの英辞郎と連携したしかけができたとしたら便利だろうなと思いますが、ローカルの辞書と比べると応答時間はある程度かかってしまうのでしょうね。

そうですね。

CD-ROM版は、他の辞書がPCにインストールしてある場合、串刺し検索ができるのが一番の魅力だと思います。それから、他の辞書は知りませんが、確か英辞郎CD-ROM版はユーザー辞書の作成ができて自分の訳語を追加登録できるんですよね。これもWeb版にはない魅力だと思います。
ところで、いま私は、PCにインストールしてある辞書とWeb上で無料公開している辞書が一括で串刺し検索できたらいいなあと思っています。
最近、いろいろリサーチしているのですがやっぱり難しいでしょうかねえ?
たんご屋さん、他の方、もし何か情報をお持ちでしたら教えてください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

http://biztranslator.blog108.fc2.com/tb.php/129-1dc358ac


Copyright © ビジネス英語翻訳学習館 All Rights Reserved. 台湾中国語翻訳 Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。